スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の鳥さん


週末、近所を散策した時にみかけた鳥さんです。
どれもヒヨドリさんみたいですねぇ。

逆光だったので、どれも明るさ補正を行っているため、粒子が粗くなってますけど・・・。



撮影日:2011/03/12 (※写真は全てクリックで拡大します)


IMG_5423.jpg IMG_5424.jpg

IMG_5425.jpg IMG_5426.jpg

IMG_5427.jpg IMG_5428.jpg


theme : 野鳥の写真
genre : 写真

野鳥など・・・


公園で見かけた鳥さんたちです。


撮影日:2011/03/02 (※写真は全てクリックで拡大します)


ちょっと気になることがあって、散策を始める前にベンチに座って
携帯を弄っていたら・・・
足元に何かが近づいてきました。

この公園は散歩に来ている犬がリードを外されていることがとても多いので
てっきり、そんな犬のうちの1匹だと思ったのですが、そちらに視線を移すと
1羽のハトでした(笑)

私の方を見上げ、何の躊躇もなくどんどん近寄って来ます。
私が無視していると、しばらくウロウロしていましたが
やがてどこかへ歩いて行ってしまいました。

・・・餌でも欲しかったのかしら・・・?


DSC05511.jpg DSC05512.jpg
ヒヨドリさんかな?
背の高い木の上に止まっていました。
この日は一眼レフは持っていなくて、コンパクトデジカメしかなかったので
思い切りズームして撮ったのですが、それでもこの程度。
その上、随分粒子も粗くなってしまいましたけど・・・。


池の方に歩いていくと、この前はあまり気にならなかったのですが
池の中に生えている変な草が目に付いて・・・。

DSC05517.jpg DSC05520.jpg
その場ではそれが何なのか、さっぱり分からなかったのですが
家に帰って調べたら・・・

これ、蒲(ガマ)なのですね!?

私は、蒲といえば、あの「きりたんぽ」みたいな形のアレしか知らなかったので
とても驚きました!

あの「きりたんぽ」様のものが、熟していくと、こんな風にはじけて
綿毛になるんだそうで・・・。

これを「蒲の穂綿(ほわた)」というんですね~。

あの「因幡の白うさぎ」さんが身体を包んだという、あれですね♪

私は確か子供向けに書かれたお話を読んだような気がするのですが
それには、ただ「ガマの穂」としか書かれてなかったような・・・。

なので、あの「きりたんぽ」のようなものを・・・と思っていました(苦笑)
いえ、間違いなく、挿絵もあの「きりたんぽ」をずらっと地面に並べてる絵でした!

な~んだ! このほわほわのやつで身体を包むんですねぇ。
それなら激しく納得です(笑)



池の周りのフェンスに張り付いて写真を撮っていると・・・

またまた、1羽のハトがテケテケ歩いて足元に寄ってきました。

思わず、パチリ・・・。

DSC05518.jpg DSC05519.jpg

もう、足に触れそうなほど近くまで寄って来て
それから、少し離れて、まるで私を案内でもするかのように
少し行っては振り返り、私が進むのを確認してはまた少し先へ進み・・・
という感じで、しばらくついて歩いていました。

でも、そこへ、例によってリードを外された犬が近づいてきて・・・

その途端、ハトは舞い上がり、フェンスを越えて池の方へと
飛んで行ってしまいました。

DSC05524.jpg
それまでどこにいたのか、お仲間もやってきました。



今回は、割とすぐそばまで泳いできたので
ちょっと大きめのカモさんが撮れました。

DSC05521.jpg DSC05522.jpg
マガモの男の子です。




・・・それにしても・・・・


この公園、私は大抵夕方に訪れるのですが、犬の散歩に来ている人が
ホントに多いです。
別に私は犬が怖いわけでも、犬嫌いでもないので、それは全然良いのですが
ただ、公園内を散歩させる時には「リードを外さないように」と、公園中いたるところに
張り紙がしてあるのに、半分くらいの人は野放し状態です。

また、同様に「糞の後始末をしてください」と、それこそあっちにもこっちにも
しつこいくらいに書いてあるのに、公園中のそこここに、糞が放置されています。

市街地でもそうですが、ちょっと歩いただけで、電柱の根元など色んなところに
犬の糞が落ちています。

昔と違って、今は野良犬なんて居ないし、放し飼いは禁止されているわけなので
犬が独りで勝手に外をウロウロなんてことはあり得ないはずです。
(たまに、散歩代わりのつもりなのか何なのか、放している人をみますが・・・!)

だから、そんな風に糞が落ちていることなんてあり得ないわけですよね?
当然、飼い主さんが一緒にいて、その糞は持ち帰られるべきものなんだから。

でも!

外に出てほんの数分歩くだけでも、糞を見ない日はありません。
この間など、朝起きたら、我が家の前庭(門扉はありませんが、でも当然敷地内)の
タマリュウの植え込みの上に、真新しい糞がこんもり・・・なんてことも!!

朝の散歩の際に、そこでさせて、そのまま行ってしまったのでしょう・・・。

糞は初めてだったけど、オシッコは頻繁にあります。
それもやはり、いつも敷地の中にわざわざ入ってきて、です。

近所の小さな公園も、犬の糞だらけです。
いつも夕方散歩にやってきて、そこでさせてそのまま帰る人が複数いるようです。。。


こういう人たちのモラルってどうなっているんでしょう???
それも、一人や二人じゃないってところが恐ろしい・・・。

こういうのって、こっちだけのことでしょうか・・・?



theme : 鳥の写真
genre : 写真

百舌(モズ)の早贄 ★画像注意★


先日公園でみかけました。。。

『百舌の早贄-モズのはやにえ-』 です。

鳥であるモズが捕まえた餌を木の枝などに突き刺しておく行為、
或いは、その突き刺された餌そのものを言います。

バッタなどの昆虫だったり、トカゲやカエルだったり、ねずみだったり・・・
色んなものがそうやって突き刺されているようです。

今回はトカゲのように見えますが・・・。
2週間前に来た時にはなかったものなので、この2週間の間に突き刺して
そのまま放置されてしまったのでしょうねぇ。。。

モズがどうしてこんなことをするのか?・・・というのは
冬場の食料確保だとか、縄張りの主張だとか、餌の一時置き場だとか
最近では、ちょっとずつ食べている最中に敵が近づいてきた為に
そのまま放置して逃げたのだ、とか・・・まぁ、諸説あるようですが
その真偽のほどは分かっていないそうです。


私がこの「早贄」を初めて見たのは、小学校の低学年の頃で・・・
家の庭の南天の木の枝に突き刺さっていたのでした。
でも、一体何が・・・?

実は・・・ 何が刺さっていたのか、の「何が」の部分は
すっかり記憶から欠落してしまっているのです(苦笑)

南天の枝の姿ははっきり覚えているのに、「早贄」自体の映像は
全く覚えていないんですよねぇ。。。

別に、それを見てひどくショックを受けたとかという記憶も無いんですけど。

でも、その時にそれが「百舌の早贄」というものであることは
しっかりと頭に叩き込まれ、ン十年経った今でも忘れずにいます(笑)



・・・というわけで、問題のその写真です。


ん~・・・
ちょっとキモチワルイかも・・・・。


苦手な人は見ない方が賢明です。

ちょっと口から舌がはみ出てるところなど、哀れを感じさせます。。。


見ても平気!と思う方だけ、どうぞ。



 









DSC05527.jpg

DSC05528a.jpg DSC05530.jpg
撮影日:2011/03/02 (※写真は全てクリックで拡大します)

でも、コレ・・・

こんなのが自分の家の庭にあったら・・・

やっぱりちょっと嫌ですよね。。。


theme : お散歩カメラ
genre : 写真

池のカモさんたち


昨夕の虫さん探しの際に、普段行かない池の方へ行ってみました。

コンパクトデジカメしか持っていなかったので、思い切りズームして
撮影しました。
なので、少々ボケてます(苦笑)


撮影日は全て2011/02/16 (※写真は全てクリックで拡大します)


DSC05079a.jpg DSC05082a.jpg
マガモのカップルです。
緑色の方が男の子。茶色の方が女の子です。


他にもこ~んなにカモさんたちが泳いでいます。

DSC05081a.jpg


↓ 最初、左が子どものカモで、右が親ガモなのかと思っていました。
DSC05083a.jpg DSC05083b.jpg


でも、帰宅後調べたら、左の子たちは子どもではなく「コガモ」という
ちょっと小さな種類のようです。
右の子は・・・ちょっとわかりませんでした。


DSC05085a.jpg DSC05086a.jpg

体の横に白線があるのが特徴です。
亜種にアメリカコガモというのがあり、こちらは側面に水平に白線はなく
羽の付け根側に縦に白線があるようです。

この写真、1羽だけ水平の白線が確認できませんが・・・
他は皆、コガモさんで間違いないようですね。


DSC05076a.jpg
コブシの花を蕾が・・・
ほら、こんなに膨らんで、とうとう裂けてきましたよ♪

もうじきお花も咲き始めるのでしょうね。



DSC05103a.jpg
飛行機雲・・・なのでしょうか?
斜めに延びるものはよく見かけますが、こんなに水平なのは初めてです。




theme : 野鳥の写真
genre : 写真

虫さん探しのついでに・・・




例によって、今週もまた夕方の虫さん探しに出かけてきました。
でも、相変わらず、大きな収穫は無し(笑)

なので先に、他に出会った生き物をご紹介します。

撮影日:2011年2月9日  (※写真は全てクリックで拡大します)


ここのところ、毎週通っているいつもの公園です。
背の高い桜の枝で鳥が鳴いていました。

でも、残念!
この日は、デジイチ(デジタル一眼レフ)持参じゃありません。

だけど、モノは試しとばかりに、思いっきりズームして撮ってみました(笑)
ハイ、こんな感じです。

虫探しついで1 虫探しついで2 虫探しついで3
うーん・・・
まぁ、ボケボケですけど・・・
何となく姿形は判る・・・かな?

家に帰って、ネットで色々野鳥の写真を見てみるのですが、どうにもコレ!というものが
見当たりません。

ルリビタキやジョウビタキの女の子さんかな~? という雰囲気ですが・・・
鳴き声も、もう忘れてしまいました!

・・・というか、写真を撮るのに一生懸命で、あんまり記憶に無いのです(苦笑)


公園の奥の方へ行くと、なんと猫さんが居ました!

今まで、もう1年以上ずっとこの公園には月に数回通っているのですが、これまで一度も
見かけたことがありませんでした。
犬の散歩に来ている人が多いからかしら?・・・なんて思っていたのですが・・・。

虫探しついで4 虫探しついで5 虫探しついで6
1匹目。フェンスの向こうでじっと、カメラを構える私を見ていました。
・・・ちょっと目つき、悪くないですか・・・?
そんなに睨まなくても。。。


それから少し行った先で見かけた黒い影。

一瞬、タヌキかと思いました(笑)
だって、黒っぽくて、丸々と太ってて、尻尾が何だか大きくて。
 
 ※私の家の近所ですら、野生のタヌキを見かけることが稀にありますから
  そこより更に山に近いこの公園付近にタヌキがいても不思議はないかと・・・。

虫探しついで7
あまりにぼんやりして見分けがつきにくいですけど、うっすらと体の模様が
見えると思います。
ここで、やはり私のことをジーッと、しばらく見ていました。
最後は私の方が根負けして、逃げ出しちゃいました(笑)

虫探しついで8

でも、この写真・・・

怖すぎません・・・?




theme : 動物の写真
genre : 写真

春の探索-野鳥編-



最初の雑木林付近で予想外に時間を食ってしまったのは・・・

ちょっと、虫さん以外のものに気を取られてしまったんですね(笑)

今回は、それをご紹介。


撮影日:2011年2月7日  (※写真は全てクリックで拡大します)


青々とした雑木林の終わりの辺りに、数羽の鳥がいるようでした。

木から木へ飛び移ったり、お互いに呼び合うようにさえずったり。
枝葉に隠れて、その姿ははっきりと見えないのですが、少し大きめの鳥の
ようでした。

今回はいつものコンパクトデジカメの他に、ちゃんとデジタル一眼レフカメラを
首から提げていたので、それでその鳥さんを狙います。

春の探索6-1
撮った時には全く分からなかったのですが、こうして写真を見ると
なんて可愛いんでしょう♪
この円らな瞳(〃∇〃)

その後、民家の庭先の木の枝に止まっているところを、そうっと近づいてパチリ☆

春の探索6-2 春の探索6-3 春の探索6-4
ほっぺが赤い(茶色い)ところも可愛いですね~。
頭の毛が逆立ってるというか、ボサボサしてるところも、何だか
やんちゃな感じがして可愛いです♪

写真を見ても名前が全然分からなかったんですが、家に帰って調べてみたら
ヒヨドリさんなんですねぇ。

昔、家の庭に毎朝早い時間にやってきては「ヒーヨ、ヒーヨ」と甲高い声で
鳴いていたのですが、じっくりその姿を見たことがありませんでした。

・・・この子だったんですね! 
カワイイ☆ 好きになっちゃいました♪



そして、場所を移して・・・

こちらはカラスさん。
春の探索6-5

春の探索6-6 春の探索6-7
水辺で何やらつついてました。1羽はペットボトルが気になるようでした。
本当は3羽揃っていたのですが、写真を撮ろうとしたら
「ディスクの容量が一杯です!」と警告されてしまい・・・。
カードを入れ替えているうちに1羽、飛んでいってしまいました。

飛んでいった先には・・・

春の探索6-8 春の探索6-9
誰かがここで節分の豆まきでもしたのでしょうか?
大豆が散らばっていました(笑)


カラスってすごく大きいですよね。
家の周りにも結構いるのですが、ついついビクついてしまいます(苦笑)

・・・というのも、昔、大きなカラスに頭に乗られたことがあるので・・・(笑)

ものすごく重くて、びっくりしました。
幸い私は何もされませんでしたけど、次の日にやはり頭に乗られた数人は
頭をつつかれたそうで・・・ 怖っ!!! 

皆さんもカラスには気をつけましょう~☆
(空を飛んだり、電線に止まっている鳥の糞にも・・・ネ)



theme : 野鳥の写真
genre : 写真

カササギ




我が家のすぐそばに、白と黒の色をした結構大きな鳥さんが居ます。
「カッカッ」「カカッカカッ」と大きな声で鳴いて、結構ウルサイです。

近所の電柱に大きな巣を作ったりもするのですが、我が家の裏の小さな林や畑、
鉄塔などにいることが多いです。
時には我が家やお隣さん、お向かいさんの家にまでやって来ることもあります。

数年前にここに引っ越してきた時は、その見慣れない姿や鳴き声が気になって(笑)

それで色々調べてみたら、カササギだと判りました。
カチガラスとも呼ばれていますよね。

「カササギ」って名前は知っていましたが、姿を見たのは初めてでした。


実はこの土地は私が子ども時代から大人になるまで過ごした土地です。
だけど、以前住んでいた頃にはこんな鳥さんは見たことありません。
一応日本では局所的にしか分布していないようで、希少生物ということに
なっているようですね。

カササギ1
撮影日:2011年2月6日(※写真は全てクリックで拡大します)

こんな風に、いつも2羽で一緒に行動しています。
カササギは1年限りではなく、一生を通して同じペアで夫婦関係にあるそうです。
縄張りもあるそうなので、私がいつも見ているのはずっと同じ夫婦ということ
なんでしょうね。
春以降は急に鳴き声が多くなるし、見かける鳥も多くなると思っていたら
春に生まれた雛が成長し、冬に入る頃までは集団で暮らすのですねぇ。

カササギ2
上の写真の柵の向こう側に居た固体です。
近くの木に止まろうとしています。

カササギ3
柵の手前の固体。
いつまでも畑の土をつついてました。
虫さんでも探して食べていたのでしょうか?

カササギ4 カササギ5 カササギ6

上と同じ固体。
しばらく畑でウロウロしながら土をつついていましたが、やがて
飛び立ち、それと同時に木の枝に止まっていた個体も一緒になって
飛び去って行きました。


もう少ししたら、鶯の声も聞こえ始めることでしょう。
毎年、初めのうちは鳴き方が「下手っぴ」で、笑ってしまいます(笑)
でも、段々上手になっていくのを聴いていると「頑張れ~!」と応援したくなります。

だけど、最後まで下手な子がいるんですよね、例年。
あれってどうしてでしょうね・・・?


theme : 野鳥の写真
genre : 写真

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。