スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いな虫・苦手な虫


前の記事の中にも書いたように、私は素直じゃないので・・・(笑)
嫌いなものや怖いものも、「私は平気だもん!」という態度を取るのが常でした。
女の子が虫や怪談話に「キャー!」なんて怖がってみせるのが、すごくワザとらしく
思えて嫌だったんです。
それは子どもの頃からずっとそうです。

だから小学生の頃の私は男になりたくて仕方なくて、気が強くて、負けるのが嫌いで
男勝りで・・・男子と取っ組み合いの喧嘩だってするような子だったんですね。

なのに・・・
そんな私が思わず「ギャー!!」と叫んで泣いてしまうほど嫌いで、怖かった虫が
いくつか存在します。
(ただし、そんな虫は大抵家でしか遭遇しなかったので、級友たちにそんな姿を見られる
ことはありませんでしたが)

ご挨拶のところでも書いたように、今では幾らか苦手な虫も平気になってきたとはいえ
それでもやはり駄目な虫さんも居ます。

今回はそういう私の苦手な虫さんについて書きたいと思います。


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

●『ゴキブリ』さん

まず、「苦手な虫」「嫌いな虫」と言われて一番に思い浮かぶのは
皆さんにもおなじみ(?)の『ゴキブリ』さんです。

とは言っても、この数ヶ月の間で、とあるご縁からネットで色んなゴキブリさんの姿を見る
機会が増え、そうやって興味を持って見つめているうちに、彼らも普通の「昆虫」なのだ
と改めて認識させられ、かなりその恐怖心は軽減され、嫌悪感も随分薄れてきてるんです。
でも、普段の生活の中で一番遭遇する危険性が高い・・・という点で、真っ先に思い浮かんで
しまうんですよね。

種類によってはホントに可愛いと思うし、意外と平気で触れそうなものも居るし
気持ち悪くてゾワゾワして画像ですら正視出来なかった種でも、今はそうならずに
見られるんです。

でも、もしもそれ(ゾワゾワしちゃうやつ)がいきなり目の前に現れたりしたら・・・?

やっぱり、息が止まりそうになるくらいの恐怖を感じちゃうわけで・・・。
それに目線より高い位置にいるゴキブリさんの、いつ何時自分めがけて飛んで来るか
分からないという恐怖!(苦笑)
あれは心臓止まっちゃいます(泣)

勿論、飛ぶゴキブリに対する思いは実際の経験からのトラウマ的なものがありますが
単にウロついてるものに対するものは、やはり【害虫】というイメージに対する
刷り込まれた恐怖なのかなと思うんですよね。
何となく「汚い」とか「病原体を媒介する」とか「臭い」とか・・・。
そういう根強い負のイメージから開放されない限り、突然遭遇してしまう彼らに対する
恐怖心は無くならないのかなぁ~・・・なんて思ったりもします。

だから
今の私にとって『ゴキブリ』さんというのは、何とも微妙な位置に居るんですよね(笑)

でも決して以前のように『ゴキブリ』全般を毛嫌いしているわけではないんですよ~(苦笑)
実際に触ってみたいと思う子たちも居るのは事実なんです(笑)

だからここは、苦手なのは『(一部の)ゴキブリ』さん、ということにしておきましょう☆



●『クモ』さん

次に苦手な虫といえば、『クモ』さんでしょうか。
こちらも家の周りに巣を作られたり、家の中で突然遭遇しちゃう可能性があるっていうのが・・・。

私はクモさんの種類については詳しくありませんので、あまりよく分からないのですが
最初にクモを苦手だと感じたのは、祖父母の家に遊びにいくようになってからだと思います。

周りは田んぼや畑がいっぱいあって、幅1メートルくらいの水路が流れ、裏手には
ちょっとした山もあるという田舎で、子供の頃は蝉の抜け殻を何十個も集めたり
水路でゲンゴロウやタガメ、タイコウチなどを捕まえたり・・・と楽しく過ごしたのですが
唯一気が重かったのが、厳格でとっつきにくい祖父と、庭や家の中のそこここにいる
クモの存在でした。

庭や家の周りにはジョロウグモがあちこちに巣を張り、その気味の悪い姿が怖かったし
家の中にも大きなアシダカグモがウロウロしていて・・・
それがいつも決まってトイレに居るものだから、普段は私の為に祖母が追い出してくれて
いたのですが、ある時祖母が居なかったか手が離せなかったかで誰も追い払ってくれずに
「そんなに怖いなら外でしなさい!」と言われ、泣く泣く庭の隅で用を足したことも・・・(汗)
まぁ、まだ幼稚園か小学校低学年の頃のことですけどね(苦笑)

自宅でも時々大きなアシダカグモが出没していて、それは私にとってはとてつもない恐怖でした。
それがいるとその部屋には絶対足を踏み入れられなかったし、いつも母や兄が追い払って
くれるまでは廊下や別の部屋に避難してるような状態で。

勿論、それが人間に対して何も悪さをしないことも、むしろ益虫であることも知ってはいた
のですが、その姿形が怖気立つほどの恐怖で・・・。
時には卵嚢を抱えているものも居て、一度学校で見かけたアシダカグモが抱える卵嚢を
みんなでつついたら、中からワラワラ~っと赤ちゃんクモが出てきたりもして・・・。

でも、そんな私でも大人になってしまえば、ギョッとはするものの、何とか自分で
追い払えるようにもなりました。
彼らが自分をめがけて来ることがないと既に学習しているから、というのもあるし
自分でやらなきゃ他にやってくれる人が居なかったり・・・ということもありますが(笑)


だけど、同じアシダカグモでも、直径3~4センチのまだ小さいお子さんなら全然平気だし
ハエトリグモなんかは全く恐怖や嫌悪は感じないし、むしろ可愛いと思うんですよね♪
(でも、拡大写真などであのズラッと並んだを目をみると、ちょっとゾクッとしますが・・・)

なので、こちらも正確に言えば『(一部の)クモ』さん、ということになりますね(笑)



●『カマドウマ』さん

実は・・・
私が一番強い恐怖を感じるのはゴキブリさんでもクモさんでもなく
この『カマドウマ』さんです!

ただ、今じゃもうお会いする機会がないので、そういう怖いを思いをしなくて
済んでいるという・・・(苦笑)


子どもの頃、それも小学校の中学年辺りから大人になって家を出るまでの間は
何故か時々家の玄関や廊下でカマドウマさんと遭遇してしまうことがありまして・・・。

何が怖いって、あの禍々しいお姿・・・!
物凄い跳躍力で、狂ったようにこっちに向かって跳んでくるあの動き・・・!!

もう、彼らに出会ってしまったら足はすくみ、絶叫して跳びかかられて泣いてしまう
・・・ということの繰り返し。
一体何度泣かされたことか・・・。


ところが大人になって、彼らが好音性だということを知りまして。

・・・ということは・・・
何のことはない、自分で自分の方に彼らを引き寄せてたってことですね(苦笑)


とは言え、もし今、あの恐ろしいお姿に遭遇してしまったとしたら・・・?

やっぱり、どんなに我慢しようとしても「うっ!!」とか「わっ!!!」とか
思わず声を出してしまいそうな気が・・・(泣)
そしてまた跳びかかられて、恐怖のあまり泣いてしまうんだろうなぁ~と思うわけです。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。