スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土の中のシタバさんたち


我が家のナカジロシタバの幼虫さんたちは、サボテン用の小石みたいな土から
園芸用の腐葉土に交換した途端に、皆次々と土に潜っていきました。

でも、実はちょっと気になることが・・・。


というのは、園芸用の腐葉土の中には幼虫さんにとって有害な物質
(針葉樹の葉や、防虫用の石灰など)が含まれていることがあるそうで
あまり安易に用いてはいけない・・・との記述が・・・。

うちの腐葉土は安物なので、そんなものは入っていないだろうとは
思うものの、成分表示があるわけでもなく、やっぱり気になって・・・。

そこで、思い切って土を交換することにしました。
(新しい土はパーム土です)


前にも書いたように、シタバさんたちは幼虫態で越冬と文献にあったので
私の頭の中では、我が家のスジキリヨトウさんのように
そのままの姿でコロンを丸まって土に潜っているのだと思っていたのです。

だから、ちょっと眠りの邪魔をしてしまうかもしれないけれど
深い眠りについているから、ちょっとやそっとじゃ起きないだろうし
(スジキリヨトウさんはそんな感じで、少々触っても全然動きませんでした)
大丈夫だろうと思っていたのです。


それで・・・。

まずは、確実に潜った場所が特定出来ている1番さんと3番さんから
掘り返してみることにしました。

(※写真は全てクリックで拡大します)

0312182410.jpg
撮影日:2010/12/18(土に潜って10日目)
最初に土を掘り返してみたのは3番さんのケースです。
軽く土を掻いてみるとコロンと硬い塊が・・・。
なんと、繭が出来ていました。
この中に幼虫の姿のままいるのか、それとも蛹になってしまっているのでしょうか・・・?
長辺3センチほどの楕円形です。

0112182510.jpg
(土に潜って10日目)
次に掘り返したのは1番さんです。
やはり繭になっています。
こちらは長辺3.5センチほどの大きさです。

0512182408.jpg
(土に潜って8日目)
それから5番さん。
この子はどこに潜ったのかさっぱり不明だったので、傷つけたりすることが
ないようにと、恐る恐る掘り返していきます。
この子は長辺2.7センチほどとやや小さめで、ちょっと長めの木片のような
ものをくっつけたまま繭を作っています(笑)

偶然、1番さんと3番さんはケース内の同じ位置に潜っていたため
判りやすいようにと、この子も同じ位置に埋め戻しておきました。

0412182408.jpg
(土に潜って8日目)
4番さん。
この子も長辺2.7センチほどとやや小さめです。
同じように皆と一緒の位置に戻しておきます。


そして・・・
一番最後にやってきて、早々に潜っていった7番さん。
実はこの子は潜る前に既に腐葉土からパーム土へと交換済みだったので
わざわざ掘り返す必要はありませんでした。

でも、このパーム土。
水で戻してからケースに入れたので、硬く絞ったとは言ってもかなりの
水分を含んでいました。

どの子のケースにも、いつ出てきてもいいように止まり木を残したままに
してあったのですが、この湿気のせいで止まり木の枝にうっすらとカビが
生えてきているようだったのです。

それで12月23日、皆のケースから止まり木を一旦取り出すことにしました。
当然、他の子たちのものはすんなり取り出せたのですが・・・

いざ7番さんの止まり木を取り出そうと持ち上げたら・・・

止まり木の根元に土の塊があり、そのまま丸まった幼虫さんもついてきちゃいました!
もぞっと動いていたので、慌ててそうっと元に戻したのですが・・・。
まだ潜ってから4日目のことだったので、さすがに繭にはなっていなかったようです(汗)
その後、特に起き出す様子もなく、変化はないようでした。

結局、この7番さんだけは止まり木を外すことが出来ず、そのまま放置することに
なりました。

数日後の12月26日、どうやら土の中でも多少は身じろぎしているのか
土の表面に隙間が出来て、潜ってる背中が微かに見えていたので
土をかけてやるともぞもぞっと動いていました。
どうも、まだ繭にはなっていないみたいです。
もぞもぞしているところを見ると、熟睡って感じでもないようです。
う~ん・・・
他の子も繭の中でこんな感じなのかしら???


0701062417.jpg
撮影日:2011/01/06(土に潜って17日目)
土の表面にうっすらと黴が生えているのが気になっていたので、この日ようやくそれを
ピンセットで除去しました。
ついでに置いたままになっている止まり木も回収しようかと思ったのですが、
前回それにくっつくように幼虫さんが居た為、慎重に持ち上げます。

案の定、そこには不完全に片側が開いた状態で粗い繭らしくものを作ってあり
中で体をUの字に曲げて寝ていた幼虫さんと目が合ってしまいました(笑)

やはりまだ完全に寝ているわけではないのか、少しもぞもぞと体を動かしています。
なのでそっと元に戻し少し厚めに土をかけておいてあげました。

でも・・・
こんな風に完全睡眠状態じゃなくても越冬出来るのなら、潜れずに死んでしまった
2番目の子だって何とかなったんじゃないかと悔やまれます。
潜ってさえいれば大丈夫だったのでしょうか・・・。


それから更に20日以上が経過し、もういい加減、止まり木の根元のカビが
気になって仕方が無く、このままカビが繁殖したら、その近くにいる幼虫さんにも
悪影響があるのではないかと気が気じゃないので、思い切って止まり木を
撤去することにしました。

勿論、相変わらずその根元には粗い繭が張り付いていて、そこには幼虫さんが
寝ているわけですけど、その繭を慎重に剥がし取ることに・・・。

繭は相変わらず片側が開いた状態で、中の幼虫さんがはっきり見えてしまいました。
それを見て、ちょっとギョッとしてしまいました。

0701284639a.jpg
撮影日:2011/01/28(土に潜って39日目)
何だかすごい色でしょう?
色が抜けたというか・・・
青黒いような青白いような、ちょっとふやけたような・・・
なんとも言えない色合いです。。。
黄色味が抜けてしまってる感じですよね。

0701284639b.jpg
まるで死に掛けているような、一般的にイメージする死体のような印象なんですが
もぞもぞと身をよじって動いていました。
ちゃんと生きてはいるようです。

勿論、この繭ごと土の中にそっと埋めておきましたけど・・・
何だか、他の子たちもこんな状態なのかどうか
とっても気になります。。。

でも、さすがに他の子たちの繭をわざわざ開いてみる気にはなれないので・・・
暖かくなって、この5匹の子たちが皆元気に羽化してくれるのを信じて
待ちたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。