スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えちゃった!-コマユバチ-



チビチビ芋虫さんのハスモンヨトウの幼虫からいつの間にか繭になり
今年1月7日に羽化していたコマユバチさんですが・・・

何となく「寄生蜂」というところに抵抗があって(芋虫さんが好きな私なので)
外に放すことが出来ないまま、リビングで小さなケースの中に監禁状態でした。

お水と蜂蜜をそれぞれスポンジに吸わせてケースの中に入れてありました。

成虫の餌は蜜だという記載を見たからなのですが、実は一度もお食事の現場を
目撃したことがありません。
それでも、一応、それぞれ切らすことのないように気をつけていました。

コマユ水1
撮影日:2011年1月10日(羽化4日目)

(※写真は全てクリックで拡大します)

これはケースの壁面に垂らした水に寄って来ているところです。
プラスティックのケースだったので、小さな傷やら何やらで見えにくいですけど。
真ん中に一本横に入っている筋は、ケースについている小さな段差で
そこに水滴が堰き止められています。


コマユ水2
撮影日:2011年1月15日(羽化9日目)

これは、だいぶ乾いてきてしまったスポンジにたっぷりとお水を補充した時です。
すぐに寄ってきて顔をスポンジにくっつけていました。

特に変化も無いので、毎日チラッと様子を見るくらいで
写真を撮ったのもこれが最後だったのですが・・・


1月23日、お水と蜜を入れ替えてあげようと思って準備して
ケースをテーブルに運ぼうとしたのですが、いつも見えている黒い小さな姿が
ありません。

スポンジの影に隠れているのかな?と色々角度を変えて見るのですが
やはりどこにも居ません。

・・・逃亡・・・? ( ̄△ ̄;)

ケースには排水口用のゴミ取りネットをかけていました。
ストッキングのようなもので、コマユバチさんが通り抜けられる感じではありません。

一応、ネットの目が他より広がっているところがないか確認したのですが
特にそういう箇所もなく、細い糸は均等に詰まっています。

確かにネットは柔らかいものだし、ストッキングほどきっちり目が詰まっている
わけではなく、ゆる~く編んである感じなので、グリグリと体をねじ込めば
そこから出られないことはない・・・とは思うんですけど・・・。

でも、予想外のことにちょっと驚いてしまいました。

前日、1月22日に覗いた時には間違いなくそこに居たんですよねぇ・・・。

どこに消えてしまったのでしょう・・・?


とりあえず、うちの芋虫さんたちはほとんど土の中なので良かったです。
ハスモンさんが残っていますが、この子のケースには進入出来ないはずなので。
あれ? でも、蓑虫さんも危ないのかしら、やっぱり・・・?

あ、でも・・・
このコマユバチさんが男の子か女の子かは判らないのですが
成虫になってからずっと監禁状態だから、たとえ女の子だとしても
産卵は出来ないんですよね・・・?

もしも、外に逃げて無事に誰かと交尾出来たとしても
それからまた家の中に戻ってくる・・・なんてことはないですよね・・・(笑)


それにしても・・・
どうやって逃げ出したんでしょう・・・?

不思議です。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。