スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱皮後の変化・・・飼育の記録-2代目ハスモンヨトウ-


前記事、2011年1月15日の脱皮から一日経ったハスモンさんの様子です♪

脱皮当日の夕方、まず最初に食べたのは人参でしたが、その後はキャベツをムシャムシャ
食べています。
(・・・と書いたのだけど、翌日の夕方には今度は人参を例の如くガリガリと豪快に削って
食べてました!)
ハスモン続編1
撮影日:2011年1月15日20時(飼育33日目)

(※写真は全てクリックで拡大します)

体はこんな感じ。
ハスモン続編2 ハスモン続編3
撮影日:2011年1月15日20時過ぎ/同1月16日15時過ぎ(飼育34日目)

模様もそれっぽくなり、お腹側から見ると腹脚と尾脚は根元が黒っぽく色づき
胸脚も全体的に茶色っぽくなっています。
体の側面の気門(-きもん-)※呼吸をする穴※ も、黒っぽくはっきり目立つように
なりました。

顔周りをアップで見てみると・・・
昨日の昼にはあんなに薄かった色が、今日はもうすっかり普通になっています。
ハスモン続編4 ハスモン続編5
撮影日:2011年1月15日13時/同年1月16日15時

頭の後ろ側の硬い板状のもの(背盾-はいじゅん-といいます)や、頭や顔の模様が
濃くはっきり分かるようになりました。
また地の色もピンクっぽい淡い色から飴色に変わっています。

ハスモン続編6 ハスモン続編図解
撮影日:2011年1月16日
この左側の写真は私の指に逆さにつかまっているところですが、これで見ると上の写真よりも
顔の色が黒っぽい感じですね。
でも、口元の様子がよく見えます。
上下逆さまになってますけど、この写真で言うと・・・

まず前述の背盾(-はいじゅん-)※右図水色の部分 の上部中央のV字で挟まれた
逆三角形のところが前頭(-ぜんとう-)あるいは前額(-ぜんがく-)といいます。
人間で言うと”おでこ”みたいなものかしら・・・? ※右図緑色の部分

で、このV字の両側の青色で囲った部分ですが、トンボとかハエとかアブとか・・・
よく見る虫さんの複眼にあたりそうなココ。※右図青色の部分

・・・これって、私はずっと幼虫さんの目だと思ってたんですねぇ~(笑)

だって、蛾の成虫さんって、とっても大きなお目目をしてるでしょう?
だから幼虫さんもてっきりそうだとばかり・・・。

第一、普通何も知らずに幼虫さんの顔を見たら、これが目だと思いません?
・・・思わない・・・かな・・・? 私だけ・・・???

まぁ、とにかく。

私が最近まで勘違いしてたコレは、大きなお目目じゃなくて頭の殻の部分なんですって。
いわゆる頭蓋骨みたいなもの?

じゃあ、幼虫さんのお目目はどこにあるのかというと・・・
その頭蓋の両側に小さな点々が左右5~6個ずつあるんですが、それなんですって。
蛾の成虫さんのあの大きなお目目は複眼なんですが、幼虫さんは単眼が複数個あるって
ことです。何だか不思議ですよね。 ※右図の赤い部分

で、芋虫さんを観察してるとすぐ分かる、常にモグモグ動いてるお口の部分が
上唇(-じょうしん-)ですね。 ※右図のピンク色の部分

その両横の牙みたいな顎の部分を大腮(-だいさい-)あるいは大顎(-おおあご-)
といい、この2つが食事をする口になります。 ※右図の白い部分

その両サイドにツンと飛び出しているのが触覚。※右図の黄色い部分

この図はざっくりと分かりやすい部分だけ抜粋して書いてますけど、本当はもっと
細かく部位が分かれているし、ここには写っていないもっと下側の口などもあります。

上唇があるんだから当然下唇(-かしん-)もあるし
大腮があるんだから当然小腮(-しょうさい-)もあります。
そしてそれぞれに、ちゃんと名前のついた髭まであります(笑)
それに、忘れちゃならないのが吐糸管(-としかん-)。
読んで字の如く、糸を吐く管なんですが、要するに下側のお口は糸を吐く為のお口と
いうことになります。


・・・と、難しい話はこれくらいにして。


ハスモンさんの今日のラブリーショットをご紹介☆ \(*^0^*)/
ハスモン続編7
撮影日:2011年1月16日(飼育34日目)

これまた、垂直に立てた私の指にしがみついて、すっかり寛いでるわけですが
時々こうやってお手手の手入れ?をしています。
口で、もしゃもしゃと・・・。

・・・まぁ、どっちがどっちかは分かりませんけど。
手の手入れじゃなくて、逆にお口周りのお掃除だったりするのかも?

いずれにせよ、可愛い仕草です♪


あ・・・でも。

この日は私、この子に3回も指や掌を齧られました(≧∀≦)

↑上で説明した大腮(大顎)でガジガジと。
もっとも、それが刺さるほどではないので怪我することは無いんですけど
でも

あ~! 噛まれてる~! (〃∇〃)

って、はっきり感じるし、ちょびっとは痛い?かな・・・って感じです(笑)


そういえば、この子や最近仲間入りしたシロシタヨトウさんは
前から居るナカジロシタバさんたちに比べると、指や手にしがみつく力が強いというか
しっかりくっついてくる感じです。
腹脚がガシッと引っかかってて、それを離す時にゾリゾリとした感触がはっきりと
判ります。
シタバさんたちはそこまで明確じゃなくて、もっとソフトな感じでした。

もうシタバさんたちは全員潜っちゃったから比べられないんだけど
もしかしたら腹脚の構造がちょっと違うのかもしれませんねぇ?


ついでに言うと、新入りのシロシタヨトウさんは私の手に乗ると
必ず私の爪を齧ります。
それこそ、前述の大顎でガジガジと一生懸命齧ろうとします。
勿論、それで削れちゃうようなこともないんですけど(笑)
でも、こっちから齧り、向きを変えてはあっちから齧り・・・と奮闘している姿は
何だか愛らしいです♪
(当然ですが、爪にはマニキュアなど芋虫さんに悪そうなものは何も塗っていませんよ!)



さて、前記事での脱皮した頭殻の写真ですが、もう少し鮮明なものが撮れましたので
ご紹介します。
今度は角度も変えて色々と・・・。
ついでに脱皮した皮も追加で。


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※


・・・というわけで(おまけ)です。

──(おまけ)──

まずは脱皮した皮。
ハスモン続編8
撮影日:2011年1月15日

手前がお尻側。背中に土が乗っかっていますね(笑)
奥に胸脚がぼんやり写っていますが、その手前に背盾があるのが分かります?

止まり木に張り付いていた皮をピンセットでペリペリと剥がして取ったわけですが
第一印象は蛇の抜け殻・・・。
そういえば子供の頃は家の周りでも蛇を時々見かけたし、抜け殻も目にしてましたけど
今じゃそういう光景は見ませんねぇ。
・・・あ、昔はよく母が財布の中に「お金が貯まる」とかって蛇の抜け殻入れてましたよ。

でも、こうやって写真でじっくり見てると、蛇の皮というより青魚なんかの皮の方が
近いかも?


そして、いよいよ頭殻の写真。
今度は違うルーペ越しですが、フラッシュ撮影が出来ない(光が反射して綺麗に撮れない)為
相変わらず、ぼんやり・・・ですが。でも前の写真よりは多少はマシかな?
ハスモン続編9 ハスモン続編10 
ハスモン続編11 ハスモン続編12
撮影日:2011年1月15日

※上段左:正面から
※上段右:その裏側から
※下段左:横から
※下段右:頭頂から顎の方に向かって撮影。薄く茶色に見える2つの丸が
     大腮あたりでしょうかねぇ?

ちゃんと殻にも毛が生えてるところが可笑しいですよね。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。