スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家で越冬中の子たち-チビミノムシ-


我が家には小さいながらも一応庭があるのですが、あまり木は植えていません。
手入れが大変だし、ただでさえ狭い庭がさらに狭くなりそうで(笑)

以前マンションに住んでいた時に種から育てたアボカドがありまして
ずっと植木鉢を大きいものに交換しながら育ててきたのですが・・・
背が高くなってきた為に、強い風が吹くとすぐに横転して葉が傷んでしまうので
ちょっと扱いに困っていたんです。

元々アボカドって南国の植物なので寒さには気をつけてあげないといけないわけですが
意外に順応性があるのか、強風で葉が擦れてボロボロになることは多いけど
ここら辺り程度の寒さには案外持ちこたえている・・・という感じで。

それで、思い切って数年前に地植えにしちゃったんです。
万が一、駄目になったらなったでいいや! という結構いい加減な気持ちで(苦笑)

ところがところが!


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

地植えにしたら、ぐんぐん成長しまして、幹も太くなるし背も伸びるしで
今や見上げるくらいにまで大きくなってるわけなんですが・・・

このアボカド、今まで害虫の被害に遭ったことは一度もないんです。
何かに食われていたこともないし、病気になったこともない。
特に何か手入れをするわけではないけど、丈夫で楽チンな木だったんです。

でも昨年の秋、虫さんに興味が出てきた私は、何か居ないか、誰かの食い痕が無いかと
じっくり観察してみたんですね。
すると、たった1枚だけど、大きな葉っぱの端ではなく内側に数個の丸い穴があるのを発見。
風で擦れてもこんな風に穴は開かないし、明らかに誰かが齧った痕だと思いました。

だけど、どんなに目を凝らしても犯人を見つけられなくて。

そして後日・・・。

小っちゃい小っちゃいミノムシさんを発見しました! \(^o^)/
縦も横も1センチ弱のカワイイ子です。
種類は・・・さっぱりわかりません(笑) (※写真は全てクリックで拡大します)
チビミノ1 チビミノ2
撮影日:2010年11月29日/同年12月3日

生きているかどうかもはっきりしないし、ちょっと観察したくて
葉っぱごとお持ち帰り♪
プラスチックのトレイにそのまま乗せて玄関ホールに置いておきました。
一応、水を含ませたメラミンスポンジに葉の根元を挿して・・・。

でも、全く変化もなく日は過ぎていき、これはもう中身は空っぽなのか
或いは休眠中なのだろうと思っていたのです。
だから、その動向はあまり気にも留めてなかった・・・のです。

・・・が・・・・・・

捕獲から半月近く経った12月10日のこと。
いきなりミノムシさんが葉っぱではなく、トレイのへりに移動していました。

Σ(゚Δ゚*) えっ!?

よくよく見てみると、葉には小さな食べ痕の穴が2箇所開いており、糞らしき黒い粒も。
チビミノ3
撮影日:2010年12月10日

最初に居たのが葉の先端側の穴の辺りですから、そこから根元に向かって
移動してきたんですねぇ~。

でも・・・
スポンジはとうにからからに乾いていて、葉は半ば枯れて丸まっています。
最初のうちはこまめにお水を足していたのですが、あまりに動きがないので
別に食べてる風でもないし枯れても問題ないだろうと水やりをサボっていたのです(苦笑)
チビミノ4 チビミノ5
撮影日:2010年12月10日(2枚とも)
※右側の写真はトレイ越しに接着面を撮ったものです。中央の飴色の丸い粒が
ミノムシさんの頭です♪

だけど、こうやってトレイのところまで移動してきたミノムシさんを見ていると

「こんな枯れた葉っぱじゃ美味しくないんだよぉ! 餌ちょーだいよ!」ヽ(`⌒´)ノ

・・・と、訴えているように思え・・・(笑)

慌てて庭から出来るだけ柔らかそうな新しい葉を選んで摘んできてあげました。
今度はちゃんと水差し(と言っても実は携帯用の化粧水ボトルですが)に挿して
飼育ケースに入れました。
ミノムシさんが移動することが分かったので、今までのようにそのまま置いておくのは
脱走(というより行方不明になるのが)不安なので、ちゃんと蓋つきのものにして(笑)

無理やりミノムシさんを剥ぎ取るのも可哀想なので、トレイを鋏で切り取り
新しい葉の近くに置いて様子を見ることにしました。


・・・で

翌日確認すると、ちゃんと自分で新しい葉っぱに移動していましたよ♪
ヾ(*゜▽ ゜*)〃 すごーい!

チビミノ6
撮影日:2010年12月11日
※下の方に写っているのが、くっついていたトレイの切れ端です。

・・・で・・・

更に翌日には、葉っぱにはしっかり大きな穴が開き、ケースの底にはカワイイ糞の山。
チビミノ7
撮影日:2010年12月12日
でも、この糞・・・
ミノムシさんのいる場所から少々離れているんですけど・・・?

(o・ω・o)?

結構、飛ばす・・・のかしら・・・??? なんてことを思ってみたり(笑)


途中で、芋虫さんの飼育固体が増え、ミノムシさんのケースを明け渡してもらう為に
コーヒーの空き瓶にお引越ししてもらったりもして。
お天気の良い日に日向ぼっこをさせていると、ミノムシさんのお顔がよく見えます。
チビミノ8
撮影日:2010年12月20日

ある日、ふと見ると、ミノムシさんがじっとこっちを見ているような・・・?
チビミノ9
撮影日:2010年12月21日

Σ(・ω・;||| 

・・・まるで宇宙人みたい・・・ ちょっと怖い・・・!

で、ルーペでよくよく見てみると・・・
お顔じゃありませんでした(笑)
↓こちらがやや横から見たお顔で、普通の芋虫さんと一緒です。
チビミノ10
撮影日:2010年12月21日

上の宇宙人のような写真は、どうも頭部の裏側というかお腹側のようです。
人間でいうと顎とか喉の側・・・?

あ~、びっくりした(笑)



年末には蓑の部分にうっすらカビが生えてるのを発見!

Σ(゚Δ゚*) ・・・ヤバイ!

コーヒーのプラスチックの蓋に空気穴を開けて、そのまま使っていたので
ちょっと湿気がこもっちゃったようです(汗)

なので、しばらくは再びプラスチックのトレイの上にそのまま水差しごと置いて
放し飼い(?)状態。
まぁ、どこにも逃げませんでしたけど(笑)

その後また瓶に戻したけれど、今度は元々の蓋ではなく、色々なところで大活躍中の
排水口用ネットを被せています。

新しい年になった今も、元気で葉っぱに穴を開けています♪
チビミノ11
撮影日:2011年1月9日


でも、この子、何というミノムシさんかも判らないけど
男の子か女の子かも判らないんですよね。

男の子ならいずれは成虫の蛾になって飛び出してくるんでしょうけど
女の子だとずっと蓑の中・・・。
姿を見ることは出来ないかも。

(注:女の子のミノムシさんは大人になってもいわゆる一般的な翅のある蛾にはならず
 芋虫のような形の大人になります。一生蓑の中で暮らし、外に出ることなく交尾し
 産卵するんだそうです。そもそもミノムシさんは大人になったら食事も出来ずに
 男の子はただ交尾できる女の子を探しまわり、どちらも交尾や産卵が済んだら
 死んでしまうんだそうです。だから成虫になるのはただ繁殖するため!という
 人生-虫生?-なのです)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。