スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家で越冬中の子たち-ヒメマダラナガカメムシ-


以前の記事で、朝顔の植え込みに隠れていた姿を見て、あまりに派手派手しい色合いに
ギョッとしたっていう話や、名前を探し当てるのにとっても苦労したって話を書きましたが・・・。

そもそも「カメムシ」と名がつくだけでとっても嫌なイメージを抱いていた私は
勿論、この子たちを家の中に入れる気はなかったんです。

でも、同定の為に写真を撮り
(見つけた固体が何と言う子なのか名前を特定することを同定-どうてい-と言います)
自らその模様をスケッチしてみたりまでして細部を観察し、インターネット上で色んな
カメムシさんの画像を、それこそ膨大な量見比べてみたりして・・・なんてことをしているうちに
「カメムシさんって、意外に可愛いお顔なんだぁ~♪」
ということに気付いた私・・・。

何だか興味が湧いてきて、しばらくお家で観察してみることにした
「ヒメマダラナガカメムシ」さんです。
(と言って2010年11月27日に捕獲して以来、そのまま飼ってしまってます。。。)


最初に庭で発見したのは、伸び放題になっていた朝顔のツルが窓のサッシの辺りにも
絡んでいて、そこで枯れた葉の陰に隠れている個体でした。
枯葉を退けると慌てて逃げる赤と黒の派手な虫!
その姿形からカメムシだということはすぐに想像がついたけれど、その毒々しい色に
ホントに誇張でも何でもなく、心臓がドキーーッ!としちゃいましたよ(泣)
「カメムシ」というそれだけで、妙な恐怖心を抱いていた私なので
\(>o<)/ギャーッ!
・・・心の中では、まさにこんな感じ。

でも、悲しいことに虫さんに興味が出てきていたので・・・(苦笑)
怖いし気味悪いけど、その正体は気になる! 

・・・で、後で部屋に戻ってからインターネットで画像検索したのですが
そこで大量のカメムシ画像を目にして、益々私は
\(>o<)/ギャーッ!
ぞわぞわゾクゾクしてしまいました。

でも何とか頑張って耐えつつ検索を続け、記憶に残った印象的な姿から
「ヒメジュウジナガカメムシ」さんあたりかな?と予想してました。
(だって、その時見たサイトには「ヒメマダラナガカメムシ」さんの写真は無かったんですもの)


そして、数日後──。
数日前に同じ朝顔の植え込みで芋虫さんたちを保護していた私は
他にも(芋虫さんが)居ないかしら?と目を凝らしていると・・・
ぶら下がるようにして残っている、やや丸まった枯れた朝顔の葉っぱの中に
数匹のこの子たちが・・・!

(-ω-;)ウーン

しばし悩んだ末・・・

模様が違うものも一緒くたに容器に放り込むようにして、一応捕獲。
だけど、同定が済んだら逃がすつもりで居たんです、ホント。


・・・というわけで・・・・・・
ヒメマダラナガカメ01
撮影日:2010年11月28日
我が家に居るのはこの2種の模様の子たち&右上にうっすら写っている幼虫さんです。
笑い話のようだけど苦労の末に名前もちゃんと判明しましたし、今は可愛いと思ってます(笑)
最初はてっきり雌雄で模様が違うのかしら?と思っていたのですけど、性別は関係なく
単にこういう斑紋の変異が多い種らしいですね。


だけど、ウリハムシさん同様、この子たちも越冬態勢に入っていると思われるものの
ケースの中をひたすらウロウロしていることが多くて。
朝顔の葉の汁を吸うことは知ってはいたのですが、時期が時期だけに、もう庭の朝顔には
ほとんど葉が残っていませんでしたし、僅かに残った貴重な葉は、それをせっせと食べる
愛しの芋虫さんたちの餌にしなければならなかったので、このカメムシさんたちには
萎びたようなものしかあげられなかったのです。

これだけ動き回っているのに餌が無いのはやっぱりマズかろうと思い
改めて餌になるものを調べ直しました。

すると、葉の汁を吸うという認識だったのですが、花や果実の汁も吸うことが判明。
早速、花壇のゼラニウムの花と朝顔の花を入れてみました。
(朝顔の方には、花が終わってガクだけになっている部分もついていました)

初めは全く関心が無さそうだったのですが・・・
やがて1匹の成虫が花のなくなったガクの部分にとまり口器を突き刺し吸い始めました♪
そのうちに幼虫さんも。
先に吸っていた成虫さんはまるで場所を譲るように移動しようとしてポテリと落下。
その下に落ちていたゼラニウムの花びらに止まって、今度はそちらから吸汁し始めました。
ヒメマダラナガカメ02 ヒメマダラナガカメ03
撮影日:2010年12月12日(2枚とも)


別にクリスマスだからご馳走ってわけでもないのですが、イブの日にリンゴの皮を
入れてやると幼虫さんが吸っていました。
でも、その日から急激に寒くなり(雪が舞うほど)、そのせいなのか判りませんが
翌日のクリスマスには1匹成虫さんがひっくり返って死んでました・・・。
他の子たちも皆、無事に冬を越せるのかしら・・・?


他の固体の模様が判る写真はこちら↓
ヒメマダラナガカメ04 ヒメマダラナガカメ05
撮影日:2011年1月9日(2枚とも)
※右側は幼虫さんです。


──(おまけ)──

下の写真のこの子、お天気の良い日に外壁をウロウロしてました。
一瞬、その丸っこい体つきやツヤツヤした感じからウリハムシさんの子?と思ったのですが
よく考えたら、ウリハムシさんは甲虫ですから完全変態ですよね?
当然、幼虫さんは芋虫状です。
でも、この子には小っちゃな翅が背中についてます。
↑上の写真と見比べると、カメムシさんの方の幼虫みたいですねぇ。
それにしては随分と下半身が丸々プックリしているように見えますけど(苦笑)
ヒメマダラナガカメ06
撮影日:2010年11月29日

関連記事
スポンサーサイト

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。