スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ春


先週末にはとても暖かかったのに、また気温がぐっと下がり、雪がチラつくのではないか
という予報まで出るほどの冷え込みとなっています。

この日も朝からとても寒く、晴れてはいるのですが、冷たい風が吹き
手がかじかむほどでした。

そんな中、例によって毎週恒例の虫探しをしてきたわけですが
その時に見つけた春の到来を示す花たちをご紹介します。

撮影日:2011/03/16(※写真は全てクリックで拡大します)


DSC06267.jpg
公園のコブシの花の蕾。
外側の毛皮(苞葉-ほうよう-と言います)がだいぶ開いてきて
中の若葉が顔を覗かせています。

DSC06268.jpg DSC06269.jpg
同じ木の、別の蕾。
まるで唇のような若葉です(笑)
失礼して、少しだけ苞葉を開いてみました。
綺麗に二つに折りたたまれた葉が開花を待っています。

DSC06270.jpg
同じ木の、また別の蕾。
誰かがイタズラしたのか、苞葉がありません。
苞葉の中はこんな感じになっているのですね。


以前の記事で、私は近所のお宅の木もコブシだとばかり思い込んでいたのですが
それらがハクモクレンであることにようやく気付きました(汗)※前記事は修正済みです。
咲く時期も近く、姿形も似ていることから間違いやすいこの二つの木ですが
見分け方は次の通り。

 ・ハクモクレンの花は大柄で、チューリップのように上向きにカップ様に咲く。
  コブシの花はやや小ぶりで、横向きや下向きなど自然のままに咲く。
  また花びらが全開する感じで咲く。

 ・ハクモクレンの葉は花の後に出てくる。また、蕾の時に花びらを覆っていた
  苞葉は開花時にポロリと落ちる。
  コブシは蕾の中に葉も一緒に用意され、開花と同時に若葉も開く。
  また苞葉は落ちない。


DSC06273.jpg DSC06274.jpg
別のコブシの木。
右の写真では、花が下向きに開こうとしています。
それに苞葉もついたまま。
若葉はまだ隠れて見えないようです。


DSC06306.jpg
帰り道で撮った、近所のお宅のハクモクレン。
苞葉が落ちてしまってありませんし、葉も見当たりません。
お花も上向きにカップのように咲いていますね♪


DSC06304.jpg
帰り道のユキヤナギが満開でした。
夜道にひときわ目立って、綺麗です。




関連記事
スポンサーサイト

theme : 花の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。