スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭や家の周りで見かけた虫さんたち



※写真はすべてクリックで拡大します※

●『ホソヒラタアブ』女の子さん
ホソヒラタアブ全身 ホソヒラタアブ正面

撮影日:2010年11月27日

トウネズミモチと思われる葉に止まって、口吻をチュッチュッと葉っぱにキスするように
くっつけていました♪
その様子が何とも滑稽で可愛らしく、思わず見入ってしまいました。

女の子は大きな複眼の左右の間が開いているのですが
結婚相手になってくれるステキな女の子を必死に探さなければならない男の子は
左右の複眼がしっかりくっついていて、女の子よりもより広い視野を持つんだそうです♪


●『ヒメマダラナガカメムシ』さん
ヒメマダラナガカメムシ
撮影日:2010年11月27日 

朝顔の枯葉に隠れていました。
枯葉を退けると慌ててどこかへ隠れようと逃げ惑っていました。
最初見た時は、見慣れぬその毒々しい色合いにギョッとしてしまいました。

カメムシだということはすぐに予想がついたのですが、名前を特定する際に
初めは『ヒメジュウジナガカメムシ』だとばかり思っていて
(最初に調べたサイトには『ヒメマダラナガカメムシ』が掲載されていなかったのです)
だけど、翅の模様も微妙に違うし、体の側面の色合いとか頭部や胸部の模様も
明らかに異なっていて、どうにも納得がいかなかったのです。

固体変異があるのかなぁ・・・と思って色々画像検索しても、「ヒメジュウジナガカメ」が
集団でいる中に模様の違うものは見当たらないし、やっぱりおかしい!と・・・。

それで、更に色んなサイトを捜し歩いて、ようやくピッタリ模様が一致するものを見つけ
やっと安心したのでした(笑)

ちなみにこの「ヒメマダラナガカメムシ」さんの方は個体変異があり
我が家にいる子たちも模様が異なります。


●『マルシラホシカメムシ』さんかな?
マルシラホシカメムシ
撮影日:2010年12月4日  

花壇の植え込み上部の壁に2匹いました。
以前植え込みの中からも同じものが出てきたので、どうもその植え込みの辺りで
越冬しようとしていたのでしょうね。
この日は暖かかったので、きっと日向ぼっこに出てきていたのでしょう♪


●『ミナミアオカメムシ』4齢幼虫さん
ミナミアオカメムシ4齢
撮影日:2010年12月5日

花壇の植え込み上部の壁にいました。


●『ミミズ』さん
ピンク色ミミズ やや暗色ミミズ

撮影日:2010年12月5日  

病気になって抜いた沈丁花の根にからみつくようにしていました。
長さ10センチくらいの綺麗なピンク色のものが1匹。
一回り小さ目のやや暗い色のものが1匹。

雨の後などによく玄関先で干からびて死んでいるのは目にしていましたが
こんなに大きなミミズさんが居たなんて・・・!

--------------------------

<番外編>

●『マルカメムシ』さんの卵
マルカメムシ卵
撮影日:2010年12月5日 

浴室の網戸に張り付いていました。
以前ネットで何度もその画像を見ていたので、すぐに分かっちゃいました。


●蛾さんの卵塊・・・かな?
不明蛾の卵
撮影日:2010年12月5日 

勝手口の庇の下にありました。
同じ庇の少し離れた位置にちょっと形は違うけど、前にも同じような卵があった痕跡が
残っていました・・・。
いつの間にそんなものが孵化していたんだろう・・・???



関連記事
スポンサーサイト

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。