スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサミミさんが死んじゃった-ゴマダラチョウの幼虫-


ここのところ毎日のように、その可愛い姿をお伝えしてきたウサミミちゃん こと
ゴマダラチョウの幼虫さんですが・・・
昨日、お亡くなりになってしまいました(泣)

昨日は用事があって夕方から出かけなければならなかったのですが
出掛けに見た時にもまだ、前日からずっとあの窮屈そうな体勢でいることに
違和感を覚え、それでちょっと触ってみたのです。

すると、いつもとは違うクタッとした感じで・・・。

身体も何だか萎びたみたいに見えたので、とりあえずお水を含ませたスポンジに
載せました。

DSC05498.jpg
撮影日:2011/03/02(飼育54日目)

 (※写真は全てクリックで拡大します)

気になったのですが、出かけねばならず、そのままの状態で置いたまま外出。

夜、戻ってきたら・・・
ウサミミちゃんの身体はさっきより少し起きているようで

あ♪・・・少し回復した?

と思ったのですが・・・

ケースの中にはクリーム色の物体が・・・。


DSC05558.jpg

DSC05559.jpg DSC05560.jpg

どうやらヤドリバエの幼虫のようです。
 ※出てきたヤドリバエは1匹だけです。
  下段の写真は左が前から見たもの。右がお尻側です。


ウサミミちゃんの様子を見ますが、まだ生きているのかどうかも判然としません。

DSC05561.jpg DSC05562.jpg DSC05563.jpg

腹脚のギザギザがしっかりスポンジに引っかかってなかなか取れませんでしたが
何とかそっと外して、10倍ルーペで観察すると、微かに呼吸するみたいに
顔の辺りが上下しています・・・。

お腹の辺りの色が変わっていますよね。
出かける前の写真も、うっすらと色づいているように見えます。
きっと、ここにこのヤドリバエが居たのでしょうね・・・。

DSC05579.jpg DSC05581.jpg
ウサミミちゃんは2センチ。ヤドリバエの幼虫は0.5センチです。
身体の4分の1もの大きさのものが巣食っていたわけですよね(><)

私は身長が156センチほどですが、その4分の1と言ったら39センチです。
30センチ定規よりももっと大きなものがお腹にいると思ったら・・・。

一晩様子を見て、今朝、もう動かないのを確認して庭に埋めてあげましたけど
やっぱり、ウサミミちゃんは苦しかったりしたんでしょうか。。。

私が何も知らずに「可愛い♪」なんて言って浮かれてる時
すでに異変があってたんでしょうね。。。

・・・ごめんなさい。




ヤドリバエは今朝、ちゃっかり蛹になってました。

DSC05596.jpg
なんか、ちょっと腹立たしいと思ってしまいます。。。

ウサミミちゃんが葉っぱをハムハムするところや、越冬色から緑色の幼虫に
脱皮するところや・・・それから勿論、綺麗な蝶になるところや・・・・
色んな姿を見たかったのにな。。。

↓これは、そのヤドリバエの様子です。(音声はありません)


[広告 ] VPS



ウサミミちゃん、ゆっくり眠ってね・・・。


関連記事
スポンサーサイト

theme : 昆虫の写真
genre : 写真

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
このような寄生の例は、チョウや蛾の幼虫や蛹類ではけっこう多いですね。アゲハの幼虫なんかでも、飼育していた数十匹の幼虫の9割がヤドリバエに寄生されていた・・・・という話も聞いたことがあります。可愛らしい顔をしたゴマダラチョウの幼虫たちですが、実際は過酷きわまる世界を頑張って生き抜いているというわけです。
しかし、寄生する側が完全にワルモノというわけではなく、そちらはそちらで自らの生存がかかってます。また、場合によっては、寄生する側を農作物を荒らす害虫退治に活用するといった場合もあります。
そして、どのような場合であっても、自然界ではどんな強者も、種を絶やすほどの無茶苦茶な殺生はしません。寄生バエの場合でも、寄生対象となる種が滅んでしまうことは、寄生する自分たちも一緒に共倒れすることを意味するからです。見方を変えれば、両者は共生関係にあるとも言えるわけですね。その点、人間が行う殺生は、自然界の暗黙のルールから唯一逸脱していると言えます。

何はさておき、ゴマダラチョウの幼虫のご冥福をお祈りいたします。
個人的には、寄生していたハエがどんなヤツだったのか、成虫の顔を見てみたい気がしますが・・・・・ハエは飼うつもりですか?

コメントありがとうございます

>フッカーSさん
そうですね。
色々な体験談や飼育記録など見ていて、頭では理解しているのですが、
やはり可愛いと思って愛着を感じていた生き物がそういう形で
死んでしまうというのはショックですし悲しいです。
勿論、自然の営みの中でのことで、仕方の無いことなのだとは
解っていますが・・・。

ハエさんは・・・飼うといえば飼うことになるのでしょうね。
今は蓋つきのケースの中に放置しています。
いずれまたこれも、ハスモンさんに寄生したコマユバチのように
羽化するのでしょうし、そうなったら、可哀想だけどそのまま
ケースの中で蜜を与えて一生を終えてもらおうか・・・と考え中です。
成虫を見ても同定できる気がしませんが(苦笑)

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。