スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手な虫さん-番外編-


前回書いた3種の虫さん以外にも、苦手な虫さんが居ます。
ギャーギャー大騒ぎするほどのことはないけれど、それでもゾワゾワきたり、ドキッとしたり。

今回は、そんな「ちょっと苦手な虫」「好きではない虫」のお話です。



続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

●『バッタ』さんの仲間

小さい頃は全然平気でした。
前にも書いたように普通に捕まえてたし(笑)

ところが小学校高学年の頃・・・
一人でお風呂に入って湯船に浸かっている時に、どこから入ってきたのか突然
裸の私の肩にピョン!と、緑色の10センチほどもある大きなバッタが飛び乗ったんです!!

いきなり肩に飛び乗られ、私は「ギャー!!!!」と大絶叫(苦笑)
慌てて駆けつけた母が追い払ってくれましたが、私は半泣きで放心状態(笑)

・・・それ以来、どうにもバッタさんは好きじゃありません。

もちろん、触ることも出来るし、キャーキャー逃げ惑うこともないですが
出来ればあまりお近づきになりたくないというか・・・。
よくよく見るとあの目やお顔もちょっと怖い気がするんですよねぇ。

それに、私の天敵の『カマドウマ』さんと同じようにピョン!と飛ぶところが・・・。

生きた海老なんかも、調理しようとまな板に載せるとビクッと跳ねたりするでしょう?
あれも恐怖です。

どうも私は、突然大きく動かれるのは苦手みたいです(笑)
特にピョンピョン跳ぶ系の虫さんは。

去年、何だか分からずにアワフキさんを捕まえた時も、いきなり物凄い勢いでピョン!
と跳んだので、まさか跳ぶ虫だと思いもしなかった私は、心臓が止まるほどビックリして
しまいました(笑)
当然「わっ!」と叫んでしまいました(苦笑)



●『セミ』さん

これも、昔は全然平気でしたよ。
捕まえるのも全然怖くなかったし、平気で掴んでました。

でも、大人になったら・・・何だか怖くて(笑)

まず、バタバタ暴れられるのが駄目です。
怖いです!
だから、単にその辺に止まってるだけなら別に怖くも何ともないです。

でも、間近に見るのはちょっと嫌かも・・・。
何か・・・
あの顔が嫌なんですよねぇ・・・。
あの離れた目・・・。

アワフキさんも同じ仲間なので、ちょっと嫌でした。
とっても小さいので何という虫か調べる為にルーペで観察してたのですが、あの顔!
ゾクッとしちゃいました(泣)

どうも、アノ手のお顔は苦手です・・・。



●『カマキリ』さん

こちらも、子供の頃は全く平気でした。
普通に捕まえてましたよ。

でも、今は・・・
何となく、あの鎌で引っかかれそうで(笑)
あの目もちょっと怖い・・・。

なので、ちょっと苦手です。



●『カミキリムシ』さん

見た目とかは全然平気です。
気も悪いとか怖いとか無いんですけど・・・。

単に触るのが怖いだけです。
噛み付かれそうで(笑)

子どもの頃に兄の友人が噛まれて出血するのを目の前で見ていたので・・・
何だか怖いんですよね。



●『ゲジゲジ』さん

これは、はっきり言って子どもの頃から苦手です。
・・・というより怖いです!
と言っても、そうそう頻繁にお会いしたことはないのですが。

でも、たまに15センチくらいはありそうな(脚まで入れて、です)オオゲジさんが
出没してました。
ササッと逃げてくれるのでそれ以上怖い思いはしないで済むのですが
やっぱり、見た瞬間はゾゾッ!としますし、鳥肌立ちますし、何せ気持ち悪いです。

一度まだ小さい時分に、夜寝ている私の枕元をオオゲジさんがサササ・・・と歩いていった
そうで、母は心臓が止まるほどビックリしたそうです(笑)

まぁ、でも大人になってからはまだお目にかかったことは無いですねぇ・・・。



●『蛾』さん 及び 『(一部の)蝶』さん

小さい頃から目玉模様の翅を持つ『蝶』さんや『蛾』さんが苦手でした。

勿論、モンシロチョウとかアゲハ蝶の仲間とか、その辺を普通に飛んでいる蝶は
平気で捕まえてましたし、怖いなんて思ったことは無いんです。

でも、子供の頃に住んでいた家には何故か色んな蝶の標本がありまして
そこにはかなりの数の目玉模様の蝶も居たんですね。
一日に何度も行き来する場所に飾ってあるもんだから、嫌でも毎日それを目にするわけです。
それがどうにも気持ち悪くて・・・。

蛾さんなんて、小さい子どもがそうそう出会うものでもないと思うのですが
幼稚園の頃に見かけた大きな蛾さんのあまりの禍々しさに凍りつくような思いをし
それがずーっと脳裏から離れず、ある意味トラウマのようになってました。

それに・・・
小学生の高学年から中学生の頃には、働く母に代わって夕飯の用意をすることが多かった
のですが、うちのお米はお店で買うのではなく、田舎で作ったものを送ってもらっていたので
いわゆる「コメムシ」さん(正確にはコクゾウムシ)がよく紛れてました。
でも、それは別に気持ち悪くも怖くもなかったし、きれいに洗って虫を除き、普通にお米を
炊いてたんですね。

ところがある時・・・
管理が悪かったのか、それとも初めから虫がついていたのか分かりませんが
お米が何だか大量の糸のようなもので綴られているのです。
そして、小さな小さな蛾さんが何匹も・・・。

幼虫が居たのかどうかはよく分かりません。
怖気立ってしまって、とてもじっくり見ることなんか出来なかったものですから・・・。
でも、その小さな蛾さんの翅が擦れたり千切れたりしてお米についていたり
その鱗粉が散らばっていたり・・・という光景がその気味の悪い糸で綴られた感触とともに
恐怖体験として私の中にあるのです。


それ以降、それまで全然平気だった普通の蝶さんであっても触るのは嫌になってしまいました。
何と言うか・・・あの「鱗粉」が駄目になってしまって。

だから、蝶さんよりも粉っぽく見える蛾さんは、本当に苦手でした。
虫のくせに妙に毛深いところも何だか気持ち悪いし、翅の模様も何だか不気味だし
蝶と違って結構顔の前とかをヒラヒラ飛んで、妙に近づいてくるところも
尚更恐怖心を煽るというか・・・。

画像を見るだけでもゾワゾワしてしまうし、目の前に居たりすると本当にゾクゾクして
鳥肌がたつほど!
ほんの数ヶ月前まで、私にとって『蛾』さんというのはそういう存在だったんですねぇ。


ところが、今はその『蛾』さんが大好き♪
可愛いな~と思います。

だけど、蛾さんが大好きになった今でも、やっぱり目玉模様はちょっと苦手です。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。