スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛾嫌いから蛾好きへ


前の記事で書いた通り、私はほんの数ヶ月前まで『蛾』が大嫌いでした。

別に見かけたからと言って、大騒ぎしたり逃げ惑うほどのことはありませんが
何となく気味悪いとか、近づけないとか、写真を見るだけでもゾクゾクしちゃうとか・・・
そんな存在でした。

だから、当然これまで、そんなにじっくりと彼らを観察したこともないし
どちらかというと目を背けたい感じだったので、そのお顔や体なんかもどうなっているのか
あまり知らなかったんですね。

でも、たまたま拾ってきた芋虫さんが蛾の幼虫だったことで
その子の名前を調べたり生態を調べたりする中で、沢山の蛾さんの写真に出会いまして。

世の中にはこんな「蛾」なんかが好きな人たちが居るんだなぁ~・・・と不思議な気持ちでした(笑)
魅力なんて、これっぽっちも解らない!・・・というか。


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

スポンサーサイト

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

苦手な虫さん-番外編-


前回書いた3種の虫さん以外にも、苦手な虫さんが居ます。
ギャーギャー大騒ぎするほどのことはないけれど、それでもゾワゾワきたり、ドキッとしたり。

今回は、そんな「ちょっと苦手な虫」「好きではない虫」のお話です。



続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

嫌いな虫・苦手な虫


前の記事の中にも書いたように、私は素直じゃないので・・・(笑)
嫌いなものや怖いものも、「私は平気だもん!」という態度を取るのが常でした。
女の子が虫や怪談話に「キャー!」なんて怖がってみせるのが、すごくワザとらしく
思えて嫌だったんです。
それは子どもの頃からずっとそうです。

だから小学生の頃の私は男になりたくて仕方なくて、気が強くて、負けるのが嫌いで
男勝りで・・・男子と取っ組み合いの喧嘩だってするような子だったんですね。

なのに・・・
そんな私が思わず「ギャー!!」と叫んで泣いてしまうほど嫌いで、怖かった虫が
いくつか存在します。
(ただし、そんな虫は大抵家でしか遭遇しなかったので、級友たちにそんな姿を見られる
ことはありませんでしたが)

ご挨拶のところでも書いたように、今では幾らか苦手な虫も平気になってきたとはいえ
それでもやはり駄目な虫さんも居ます。

今回はそういう私の苦手な虫さんについて書きたいと思います。


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

虫好きの素養-その2-


中学以降、私は特に虫と関わることもなく、周りの女子と同じように過ごしていました。
(実際にはテレビを見せてもらえないとか、休みの日も遊びに行くのは禁止とか・・・
 他の友達と違うところは山ほどあったのですけどね)

次に私が虫を意識したのは、高校へあがってからのことでした。

ある時、あまり親しくない女の子と一緒に過ごす機会がありました。
そこでお互いの昔のエピソードなど交えつつ色んな話をしていたわけですが
その中で、どういう経緯だったのか虫の話になったんです。

子どもの頃に、とっても嫌いな・・・というよりも、死ぬほど怖い虫がいたのですが
周りの誰にそのことを伝えても、誰もその虫のことを分かってくれなかったんです。
同じ小学校で、同じ町内で、ホントに近所に住んでる子たちでさえ、誰一人として・・・。

でも、高校でたまたま出会ったその女の子は、私がその虫の名前を言うとすぐに
分かってくれたんです。
初めてでした。
彼女は別に虫好きではなかったのですが、動物全般大好きな子だったんですね。
それで思わず、その時間はその虫の話で盛り上がってしまいました(笑)

それをきっかけに

「あ~、あんなコトしてたなぁ・・・」
「そういえば、こういう虫が居たなぁ~」
「こんな怖い目にあったっけ・・・」
「思えば、あれが原因でああいう虫が嫌いになったんだよねぇ・・・」

・・・などと、色んなエピソードを思い出し、改めて、現在そういうものとは無縁な生活を
しているんだなぁ、と思ったりして。


※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

虫好きの素養-その1-


私は子どもの頃から芋虫さんが好きでした。
今でも「虫の中で一番好きなものは?」と聞かれれば、迷うことなく「芋虫さん!」
だと思います(笑)

だけど芋虫さんって、好きな人も多いけど、それと同じくらいに(或いはそれ以上に?)
嫌いだっていう人も多いんですよね。

実際、残念ながら私の周りには芋虫好きを理解してくれるような人は居ません。
そもそも、虫好きを理解してもらうことからして無理です。
周囲の人たちは皆、私が虫さんを家に連れて帰ったり育てているのを知ると
「えー!」と顔をしかめます。
明らかに「なんで、そんなもの・・・」という反応です(苦笑)


そういえば、これまで私は虫好きだという人に出会ったことがありません。
(小学校時代など一時的に虫にハマる子どもたちなら居ましたけど)
都会のど真ん中で虫なんか見かける機会も無い、という環境ならいざ知らず
普通に虫のいるところに居るのに、です。

でも、物心ついて以降ずっとこの都市に住んでいる私は虫さんが好きです(笑)

どうして私は他の人みたいに虫嫌いじゃないのでしょう・・・?
一応、女、なのに・・・?



※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

きっかけ


私がこうして虫さんにハマるきっかけとなったのは・・・
ナカグロクチバという蛾の幼虫さんとの出会いでした。

道路の真ん中に落ちていたんです。

それを拾ってきて育て始めたのが一番最初でした。

それまで見たことも無い姿に、まずはネットで検索。
名前を調べ、それから食草を調べ、生態についても調べ・・・
そして1ヶ月にわたる飼育の末、何とか無事に羽化してくれました。


子供の頃にコオロギやカブトムシくらいは飼ったことがありましたが、どれも成虫でしたし
こんな風に幼虫から育てるというのは初めての経験でした。

それに、そもそも私は「蛾」が大嫌いでした。

別に、何か被害に遭ったわけでもないのですが
何となく粉っぽい感じや、虫なのに毛が生えているところや
それに何よりあの翅の模様が何とも気持ち悪くて・・・
「嫌い」というよりも「怖い」に近い感情でした。


だから、このナカグロクチバを拾ってきた時も、成虫の姿をネットで確認して
「これくらいなら万が一無事に羽化しても大丈夫」と思えたからこそ、飼育を決断出来たのです。

でも、実際に飼育してみると愛着を感じてしまったんですね。

※続きは↓の「more・・・」をクリックしてくださいね※

more...

theme : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
genre : ペット

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。