スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のキセルガイさんたち


あまり変化のない子たちですが・・・元気です。

撮影日:2011/03/31(※写真は全てクリックで拡大します)


DSC06860.jpg
ケースの掃除後、新しい餌の上にポイポイと貝たちを乗せていったのですが・・・

DSC06863.jpg
思い思いに動き出し、餌を食べ始めました(^-^)
ちなみに真ん中の緑色のものは、ブロッコリーの葉(^^;


DSC06864.jpg DSC06866.jpg
小っちゃい子ちゃんの赤ちゃんたちももぞもぞ・・・



DSC06857.jpg
大っきい子ちゃんの赤ちゃんたちは、お休み中。。。


スポンサーサイト

キセルガイさんたち


久しぶりにキセルガイさんたちの様子を・・・。

撮影日:2011/03/06(飼育164日目)

 (※写真は全てクリックで拡大します)



ケースのお掃除をしようと思って、大きい子ちゃんたち(成貝6匹)を
プラスティックのトレーの上に移動させておきました。

トレーに乗せると、大抵いつも皆すぐに顔を出して、のそのそと動き始めます。
この時も皆、顔を覗かせツノを出して、ゆっくりと移動を始めました。

が・・・

何だか1匹、妙な感じなんです。

ん? これって大丈夫なの? 

・・・と思っちゃうくらい、すごく違和感があります。。。


それが、コレ。

DSC05747.jpg
よくよく見ると、仰向けになったまま、まるで天井を這うように
軟体部を思い切り殻から出しちゃってるんですね(苦笑)

あんまりな体勢なので、ちょっと殻を倒してやりました。


DSC05748.jpg
なので、身体もやや横向き・・・。


DSC05751.jpg
う~ん・・・ヨイショ・・・

ブリッジ状態です。。。



綺麗に洗って、中身も全部取り替えたケースに移してやった後
しばらくすると・・・


DSC05757.jpg
成貝の中の大きい子ちゃんと、小さい子ちゃんのうちの1匹が
天井(蓋)に張り付いてました(笑)

DSC05759.jpg
こんな感じ♪

DSC05758.jpg
他の子たちは、新しいレタスに夢中です(^-^)

1匹だけは全然違うところにいましたけど・・・(^^;





theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

キセルガイの赤ちゃん-第6子~第8子-


一番体の大きなナミギセルの”大きい子ちゃん”が産んだ3匹の赤ちゃんは
やはり、”小さい子ちゃん”たちの赤ちゃんとは全然見た目が違います。

殻の色も濃いし、大きさも2~3倍はありそうです。(一番小さい子は除く)

やはり大きいと見ていて安心感がありますね(笑)
きっと、ちゃんと育ってくれるだろう~♪・・・みたいな(〃∇〃)
それだけに1匹だけ極端に小さい子は、大丈夫だろうか・・・と心配になります。


・・・そうそう。
これを見てくださっている方の中には、大きい子ちゃんのナミギセルは1匹しか
居ないのにどうして赤ちゃんが?・・・と疑問に思う方もいらっしゃるかしら。

カタツムリやキセルガイの仲間は雌雄同体で、別に、この子は♂、この子は♀・・・
みたいに決まっていないのですね。
1匹の体に、ちゃんと♂の生殖器官も♀の生殖器官も備えている・・・という
不思議な生き物です。

これは、この子たちが遠くへ移動することが困難なためです。
あまり遠くへ簡単には行き来できない・・・となれば、結婚相手を探すのも
一苦労なわけです。
苦労してようやく出逢ったお相手がもし自分と同じ性別で
交尾できないとしたら・・・???

それはガックリ・・・ですよね(笑)

もし、そんな風であったなら、この子たちの繁殖の機会は激減してしまうわけです。
だから、ようやく出会えた貴重なお仲間と、いつだって交尾できるように
お互いに♂であり♀であるわけなんですねぇ。。。

だから、通常この子たちが交尾する際には、お互いに精子をやり取りするのだそうです。
そのどちらもが赤ちゃん(or卵)を産めるように。

ちなみに、この子たちはさらに子孫を沢山残せるように、一度もらった精子を体内に
蓄えておくことが出来ます。
そして、1度の交尾の後に、その精子を使って、時間を置いて何度も何度も
子どもを産むことが出来るわけです。

さらにさらに、この子たちの凄いところは、それでもお相手に出会えなかった場合・・・
単為生殖(誰ともやり取りせずに自分1人だけで子どもが作れる)が
出来てしまうんですねぇ!

生き物ってすごいなと思います。

・・・というわけで、我が家の大きい子ちゃんの場合は、恐らくうちにやってくる前に
既に交尾を済ませていたのではないかなぁ~?と思っています。
勿論、そうではなくて単為生殖の可能性もあるわけですけど。

まぁ、その辺は実際にどうなのかは分かりませんね(苦笑)
遺伝子レベルで調べれば分かるのかもしれませんけど。

・・・前置きが長くなりました(汗)

では、大きい子ちゃんの赤ちゃん「第6子~第8子」のご紹介です。
ちなみに、どの子が第○子、という区別はしていません(苦笑)

(※写真は全てクリックで拡大します)


L112001.jpg
撮影日:2010/11/20(誕生当日)
ちょっと分かりにくいですけど、右上にいる大きい子の左にくっつくようにして
一番小さい子がいます。ほとんど透明です(笑)
レタスの上についている白いものは、爬虫類用の炭酸カルシウムの粉末です。
大きい2匹はともかく、小さい子は卵の殻なんか置いてても
それを齧ったり出来ないんじゃないかと思って・・・。

L112203.jpg
撮影日:2010/11/22(生後3日目)
右上の一番小さい子も、こうしてみればうっすらと殻に色がついているのが
分かりますね。
螺層は大きい2匹が3層、小さい子は2層かしら・・・?

L112304.jpg
撮影日:2010/11/23(生後4日目)
この子たちだけじゃなく、他のみんなにもパプリカを与えてみました。
食べるかな?

L112607.jpg
撮影日:2010/11/26(生後7日目)
赤っぽいような茶色っぽいような粒は、この子たちが赤いパプリカを食べた
糞です(笑)
キセルガイの仲間は自然界では腐葉などを食べるため、新鮮な野菜よりも
腐りかかったようなものを好むことが多いそうです。
さすがに飼育下では腐ったものは悪い菌が繁殖して病気になったりしそうなので
そこまで放置は出来ませんが、毎日毎日新鮮なものに取り替えるということは
していません。

大きい2匹はうっすらとお目目やその付近の器官の黒っぽい色が
透けて見えていますね。


L120718a.jpg L120718b.jpg L120718c.jpg
撮影日:2010/12/07(生後18日目)
一番左の子は軟体部を殻の上にびろ~んと出しています。
お目目も片方だけですが見えています。
螺層はしっかり4層になっていますね。

真ん中の子は4層目が出来てきているようです。
殻の上下に見えている紐状のものは、この子の糞です。
しっかりお顔を出して、何を見ているのでしょうね?

一番おチビさん。
やっぱりまだ2層? それとも微かに3層目が出てきてる・・・?
うっすらと中の灰色っぽい器官が見えるような気もします。
ルーペで見ると、一応ちゃんと生きていて、中にいるのが確認できます。


L121223.jpg
撮影日:2010/12/12(生後23日目)
ホントに、あまりに色も大きさも違いすぎるので、かなり心配ですね。
でも、この子が”小さい子ちゃん”たちナミコギセルの赤ちゃんでないことは
大きさからも間違いないのですよ。


L121829.jpg
撮影日:2010/12/18(生後29日目)
この大きい子たちくらいあると、ホントに飼育が楽です。
ケースのお掃除の際も、簡単につまんで移動させられます♪

L122940a.jpg L122940b.jpg
撮影日:2010/12/29(生後40日目)
1匹は人参に張り付いてお食事中。
もう2匹は卵の殻にくっついています。

L011456a.jpg L011456b.jpg L011456c.jpg
撮影日:2011/01/14(生後56日目)
左の写真は5層目が出てきているらしい中くらいの子。
人参にしっかりくっついてお食事中。
お目目だけじゃなく、小さな触角も見えていますね(〃∇〃)

真ん中は一番大きい子。もうしっかり5層目が半分くらい出来ています。
ちょっとだけ覗かせているお目目が何とも・・・(*^-^*)

右の写真。
一番のおチビさんは既にお亡くなりになっていました。
前回の餌交換の際に、何となく違和感を覚えていたのですが
その時は急いでいたのでルーペで確認したりまではしなかったのです。
多分、その時にはもう死んでいたんじゃないかな・・・と思います。
殻の入口にある汚れのようなものは、炭酸カルシウムの粉が付着しているものです。
中身は既に完全に空でした。


L012870.jpg
撮影日:2011/01/28(生後70日目)
正確には測れませんが、何となく目安程度に。
大きいほうの子は6ミリくらいありそうです。
小さいほうの子は・・・4ミリくらいかしら・・・。


残念ながら、3匹いた赤ちゃんが2匹になってしまいましたが、
残りの2匹が無事に成長していってくれたらいいなと思っています。
結局、一番小さい子は一度もお顔を見ることができませんでした。




theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

キセルガイの赤ちゃん-第5子-


”小さい子ちゃん”のナミコギセル(キュウシュウナミコギセル?)から
生まれた赤ちゃんの末っ子「第5子」を紹介します♪

(※写真は全てクリックで拡大します)


05110401b.jpg
撮影日:2010/11/04(誕生当日)
横顔・・・ですかね(笑)
可愛いお目目がチョンと出ていますね(*^-^*)
螺層は3層・・・かな?

A05110805.jpg
撮影日:2010/11/08(生後5日目)
3兄弟(?)揃って。
右から「第3子」(生後19日目)、「第4子」(同11日目)
そして「第5子」です。

05111916.jpg
撮影日:2010/11/19(生後16日目)
3層目がだいぶ大きくなってきましたよ(*^∇^*)

05112118.jpg
撮影日:2010/11/21(生後18日目)
生後24日目の「第4子」と一緒に。
2匹とも可愛いお顔を出して、お食事中です♪

05120229.jpg
撮影日:2010/12/02(生後29日目)
いつの間にか4層になっていますね~(〃∇〃)

05121239.jpg
撮影日:2010/12/12(生後39日目)
ケースの蓋に張り付いていました。

A05121845.jpg
撮影日:2010/12/18(生後45日目)
3匹揃って。
左上方から「第3子」(生後58日目)、「第5子」
そして「第4子」(同51日目)です。

05122955.jpg
撮影日:2010/12/29(生後55日目)
左側が生後69日目の「第3子」です。

05012885a.jpg
撮影日:2011/01/28(生後85日目)
かなりボケボケですが・・・。
大体2.5ミリ弱でしょうか。。。

05012885b.jpg
同日。
殻に成貝のように細かい縦筋がうっすらと見えるような気がします。

05020997.jpg
撮影日:2011/02/09(生後97日目)
生後111日目の「第3子」と仲良く並んで(〃∇〃)
もうしっかり4層になってますね♪


この子たち、どのくらいで大人になるのでしょうね?
楽しみです☆


theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

キセルガイの赤ちゃん-第4子-


前回の記事に引き続き、ナミコギセル(キュウシュウナミコギセル?)の
赤ちゃんの「第4子」のご紹介です♪

(※写真は全てクリックで拡大します)

04102901.jpg
撮影日:2010/10/29(誕生当日)
よく見ると、小さなお目目が出ています♪

04103103.jpg
撮影日:2010/10/31(生後3日目)
先に生まれた「第3子」(生後11日目)と一緒に。
倍以上の大きさですねぇ~。
どっちがどっちかは・・・言わずもがな、ですよね(笑)

04110306.jpg
撮影日:2010/11/03(生後6日目)
生後14日目の「第3子」と一緒に。


A04110811.jpg
撮影日:2010/11/08(生後11日目)
後から生まれた「第5子」(生後5日目)も加えて3匹で。
年長の「第3子」(生後19日目)が、まるで話しかけているようです。

。。@ノ” 「ねぇ、ねぇ・・・。ちょっと大きくなったんじゃない?」

何となく、2層だった螺層が3層になってきているように見えますよね。
左上方から順に「第3子」「第4子」「第5子」です♪


04112124a.jpg
撮影日:2010/11/21(生後24日目)
殻の中に引っ込んでいるのですが、薄い殻からお目目が透けて見えます(*^-^*)

04112124b.jpg
同日。
お食事中です。やっぱり3層目が出来てきていますね(^-^)


04120234.jpg
撮影日:2010/12/02(生後35日目)
殻の中に透けて見える黒っぽい線は・・・恐らく、体内にある食べ物ですね。
後で、これが排泄されていました(〃_〃)ゞ

04120740.jpg
撮影日:2010/12/07(生後40日目)
3匹全員揃って。
一番上が「第3子」(生後47日目)、左下が「第5子」(同34日目)、
そして右下が「第4子」です。
体から出ているように見える紐のようなものは・・・糸くずかなぁ?
こんな糞はしたことが無いし。。。

04011478.jpg
撮影日:2011/01/14(生後78日目)
殻の中にいますが、やっぱりお目目はそれに繋がる部分が黒く見えますね。

04012892.jpg
撮影日:2011/01/28(生後92日目)
体長を測定しようと思ったのですが、立ってますね(笑)
・・・まぁ、でも大体2ミリ弱といったところでしょうか。


他の子に比べて、元々極端に小さいし、成長も遅いようです。
でも、小さいながらも短時間で結構な距離を移動していたりして
かなりアクティブな印象です(〃∇〃)
最近はじっとしていることも多いですけどね。

早く他の子くらい大きくなってくれると、観察もしやすいし、安心なんですけどね♪




theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

キセルガイの赤ちゃん-第3子-


前回ご紹介したキセルガイの赤ちゃんたち。
あいにく、それぞれの子に名前はついていません(笑)

成貝の方も、一番大きなナミギセルはすぐに見分けがつきますけど
他の5匹のナミコギセル(キュウシュウナミコギセル?)は
とても見分けられないので、この子たちにも名前はありません。

赤ちゃんが生まれるまではずっと、ナミギセルは「大きい子ちゃん」
ナミコギセルは「小さい子ちゃんたち」と呼んでいました。

でも、赤ちゃんが生まれたら、もっと小さい子ちゃんたちが出来たわけで・・・。

今は、成貝たちを「大きい子ちゃんたち」、稚貝たちを「小さい子ちゃんたち」
と呼ぶことが多いのですが、やっぱり成貝の観察やお世話をしている最中は
ナミギセルが「大きい子ちゃん」でナミコギセルが「小さい子ちゃん」になったり・・・。

実は結構いい加減です(〃∇〃)


・・・で。
飼育日記をつける都合上、体の小さなナミコギセルから先に生まれた3匹を
順に「第3子」「第4子」「第5子」としています。
第1子からじゃないのは、前回記事の通り、先に既に2匹の赤ちゃんが
生まれていたから・・・です。(ホントに駄目な飼い主でゴメンナサイです。。。)

後で大きいナミギセルが産んだ3匹は、どうにも順番が分からないし
(多分親から離れた場所に居た子が1番目で、そばにいた2匹のうち
色が白くて小さな子が一番末っ子かと想像はするのですけど・・・)

実際、ある程度大きくなった今となっては白い子以外は大きさもさほど変わらず
見分けられないので、なので記録には「第6~8子」と一括りにしています(苦笑)


前置きが長くなりました。

そういうわけで、今回はナミコギセルの「第3子」のご紹介です♪

(※写真は全てクリックで拡大します)


03102202.jpg
撮影日:2010/10/22(生後2日目)
餌のレタスに張り付いてお食事中です。


03102303.jpg
撮影日:2010/10/23(生後3日目)
卵の殻の上に居ます。
貝殻の中に引っ込んでお休み中です。
どうも、こういった巻貝の螺層(らそう)の数え方がよく分からないのですが
これは3層? それとも2と1/2層なのでしょうかね?

03102606.jpg
撮影日:2010/10/26(生後6日目)
卵の殻の上です。
しっかりお顔を出してくれ、お目目の黒い点も見えています。

03103111.jpg
撮影日:2010/10/31(生後11日目)
生まれて3日目の「第4子」と一緒に。
どちらも殻の中です。

03110112.jpg
撮影日:2010/11/01(生後12日目)
みんな大好きなさつまいもをお食事中です(^-^)
螺層がはっきり3層になってきましたね♪

A03110516.jpg
撮影日:2010/11/05(生後16日目)
生後8日目の「第4子」、生後2日目の「第5子」と一緒に。
右下方から順に「第3子」「第4子」「第5子」です。
ご覧の通り、後から生まれた第5子よりも1週間近く早く生まれた第4子の方が
随分小さいんですよ♪
第3子さんは更に成長し、螺層の4層目が出てきました。

A03110819.jpg
撮影日:2010/11/08(生後19日目)
またまた全員揃って。
右から「第3子」、「第4子」(生後11日目)、「第5子」(同5日目)です。

03112131.jpg
撮影日:2010/11/21(生後31日目)
少し間が空いちゃいましたが・・・元気にしています(*^-^*)

03120242.jpg
撮影日:2010/12/02(生後42日目)
5層目が出てきました。
段々色も濃くなっているように感じます。
殻だけじゃなく、体の色も少し黒っぽい部分が出てきました。

A03121858.jpg
撮影日:2010/12/18(生後58日目)
またまた勢揃い。
左上方から「第3子」、「第5子」(生後45日目)、「第4子」(同51日目)。
すっかり立派に成長しているわけですが、第4子だけは相変わらず小さくて
ほとんど成長している気がしません。
大丈夫なのかしら・・・?

03122969.jpg
撮影日:2010/12/29(生後69日目)
左が「第3子」、右が「第5子」(生後56日目)です。
この2匹は安心して見ていられます。

03012899.jpg
撮影日:2011/01/28(生後99日目)
上の写真からほぼ1ヵ月後になります。
螺層は5層の途中のまま。体調もまだまだ3ミリ強です。
真冬なので成長もゆっくりなのかもしれません。

030209111.jpg
撮影日:2011/02/09(生後111日目)
5層目がだいぶ大きくなってきました。
軟体部がかなりびろ~んと大きく、成貝のミニチュア版といった感じです。
右にいるのは「第5子」(生後98日目)です。


ナミコギセルの場合、成貝で大体10層になるそうなので
まだまだ半分、といったところでしょうか(笑)
これから暖かくなってきたら、またぐんぐん成長してくれるのかしら?




theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

赤ちゃん誕生!-キセルガイ-


書かなきゃ書かなきゃと思いつつ・・・
すっかり遅くなってしまいました(汗)

我が家にいます、可愛い可愛いキセルガイの赤ちゃんたちのお話です(*^-^*)


親のキセルガイさんたちが我が家にやってきたのは、前に書いた通りに
2010年の9月24日のことでした。

当然ながら、キセルガイなんて今まで飼ったことはないし、どんな生態なのかも
全く知らなかったので、ネットで色々調べるわけですけど情報が少なくて。

でもまぁ、何とか餌も確保出来そうだし・・・と安心していたある日のこと。

ケースの掃除をしようと思った際に、何だか糞とは違うようにみえる白いものを
見つけました。
目を凝らして見るのですが、その頃はまだルーペもなかったし、肉眼で見ても
それが何なのかよく分からず、何だろう?・・・と思いつつ、そのままゴミと一緒に
捨ててしまいました。・・・ゴメンナサイ。


それからしばらく経ったある日。
またしても同じような白い粒を発見しました。

101320a.jpg (※写真は全てクリックで拡大します)
撮影日:2010/10/13(親:飼育20日目)
今度こそちゃんと確認しなくては、と明かりに透かしてみたり
色んな角度から見てみたり・・・としばらく観察して・・・
「これは赤ちゃん貝だ!」
と判断しました。
 ※赤ちゃんがくっついているのは古いお箸の先です。

101320b.jpg
そのままにしておくと分からなくなりそうだし・・・と、餌用のトレーに
濡らしたキッチンペーパーを敷き、そこに乗せてケースの端に置きました。

・・・ところが、1時間もしないで様子を見に行くと・・・

居ません!

トレーを退かしてみたり、辺りを色々探してみたのだけど見当たらず。。。

前にどこかのサイトで(カタツムリの場合)親が赤ちゃんを食べてしまうこともある
という記述を見たことがあったので、もしかして食べられちゃったのかも(涙)
・・・と思っていました。


そして、またしばらく経って・・・。

102128a.jpg
撮影日:2010/10/21(親:飼育28日目)
今度はケースの壁に何やら怪しい物体を発見しました。
写真を撮っているうちに・・・

102128b.jpg
あれ? 動いてる?

102128c.jpg
ホラ、やっぱり!
赤ちゃんでした♪

今度は前回のようなことがないようにと、この赤ちゃんだけを別のケースに移し
様子を見ることにしました。



さらに数日後。

親貝たちのケースを掃除しようと思い、ケースの中を観察します。
赤ちゃんがあんなに小さいのでは、うっかり見逃してしまっては可哀想です。

102936a.jpg
撮影日:2010/10/29(親:飼育36日目)
下に敷いたキッチンペーパーの裏に小さな粒がありました。
ちょうどケースの真ん中辺りですから、親貝がそこまで潜っていって産んだとは
考えにくいです。
どうやら、赤ちゃん自らがそこまで移動した模様。

・・・ということは、前回の赤ちゃんも、実は自分でどこかへ移動してしまい
私が考えもつかないような場所に隠れていたのかもしれません。。。

まさか、生まれたばかりの赤ちゃんが移動する・・・という考えが
私の中には全く無かったので・・・(反省)

102936b.jpg
今度は爪楊枝の先にくっつけて記念撮影。


そしてまた数日後・・・。

110442a.jpg
撮影日:2010/11/04(親:飼育42日目)
またまたケースの壁に張り付いています。

110442b.jpg
こんな感じ。



これで、小さな赤ちゃんが合計3匹になりました。
小さなケースの中で、ちゃんと生きています。


そして、忘れた頃に・・・。

112058a.jpg
撮影日:2010/11/20(親:飼育58日目)
大きな子のそばに何やら見慣れないものが。。。

112058b.jpg
赤ちゃんです! それも2匹。

112058c.jpg
色が随分違います~。

112058c0.jpg
少し離れたところにも、もう1匹。

112058d.jpg
こんな感じ。


どうやら、大きい子は一度に3匹の赤ちゃんを産んだようです♪


実は、これまでの先に生まれた3匹は一体どの子が産んだものなのか
さっぱり分からなかったのです。

親貝の大きい子と小さい子が交雑することはないらしいのですが
それにしても、生まれた赤ちゃんの親が、大きい子なのか小さい子なのか
それすら分かりませんでした。

でも、今回生まれた赤ちゃんをみれば一目瞭然!
先の3匹とは全然、まるっきり大きさが異なるんですもの。

なので、今度の3匹は、先の3匹とはまた別のケースにて飼育します。


赤ちゃんたちの成長の様子は、また今度☆



theme : かたつむり _○ノ"
genre : ペット

◆うさ☆しからの伝言◆
●東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復興を願っています。      ●ちょっと個人的にバタバタしておりまして、なかなか更新&サイト訪問が出来ずにおります(><)    すみませんm( _ _ )m
プロフィール

うさ☆し(usashi)

Author:うさ☆し(usashi)
ひょんなことから虫さんが
好きになってしまいました。
まだまだ分からないこと
ばかりです。
先輩の皆さん、どうぞ色々
教えてくださいね☆

★目次★

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめです♪
お世話になってます☆
お気に入りのサイトです♪
♪お便りください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

仲良くしてネ!

うさ☆しとブロともになる

癒されてくださいね♪
QRコード
QR
RSSリンクの表示
来てくださったお客様
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。